今年は赤城山”AR”ヒルクライム


akagiAR_1.jpg

akagiAR_2.jpg

 
10月31日(土)

コロナの影響で中止になった今年の赤城山ヒルクライムレース。
1時間15分切りを目標に毎年練習していたので、開催中止は残念でなりませんでした。
年齢的にもタイムアップは厳しく、そういう意味でも時間との闘いでしたので。

そんな中、9月の終わりに急遽バーチャル開催として発表された赤城山ARヒルクライムレース。
参加に必要なスマートトレーナーも持っているので当然参加しました。

途中経過タイムはこんな感じ
・旧料金所:26分41秒
・姫百合:51分44秒
・一杯清水給水所:1時間5分35秒

そして結果は1時間12分20秒!!なんと目標達成です!!

でもこの話にはウラがあって・・

実はウチのスマートトレーナー、負荷のかかり方が甘いのか、実走よりもかなり楽に走れてしまうのです。
特に傾斜が6%あたりを超えるとその傾向が顕著でして・・
実走と比較すると、馬事公苑の交差点あたりまではかなり実走に近いのですが、それ以降になると実走より2~5km/hくらいスピードが出てました。
しかも路面の荒れや細かい傾斜の違いまでは再現されていないので、そういったロスが無いこともタイムアップにつながっていると思います。

実際今年はどうだったかというと、実走で練習してても全然タイムが出ていなかったです。
(大体1時間30分前後・・・去年の練習タイムより5分以上遅い)
もしコロナ禍がなく通常開催されていたら散々な結果だったと思います。
そういう意味では、私にとってはコロナ様様だったかもしれません。

■今年の練習

 残念ながら3月あたりで年齢的なピークを迎えてしまったような気が・・

 ・前回大会後も練習の習慣を無くさないよう平日Zwiftは続けた
 ・父親の介護などがありロングライドはできなかった
 ・3月あたりから疲労が抜けにくくなり、練習負荷を維持するのが難しくなった。
  (父、愛犬との別れが2月3月に続いたのも響いたか・・)
 ・ストレッチ、サプリなど試すもあまり実感できず。
 ・練習量を落とすとFTPが向上した。(機材トラブルかも)
 ・コロナで自粛ムードだけど、2月からの赤城山練習は欠かさず実施
 ・練習タイムは鳴かず飛ばず(FTP向上はやはり機材のトラブルか)
 ・6月に仕事の部署が変わる。残業続き、休日出勤が続き、練習量が維持できなくなる
 

■結果の推移

 ま、これはこれで、目標は達成かな(^o^)

  2013年 1時間29分57秒
  2014年 1時間23分50秒(6分7秒)
  2015年 1時間22分25秒(1分25秒)
  2016年 1時間21分17秒(1分8秒)
  2017年 1時間19分37秒(1分40秒)
  2018年 中止
  2019年 1時間16分55秒(2分42秒)
  2020年 中止(バーチャルで1時間12分20秒)

■来年にむけて

 実走で1時間15分切り・・・相当難しくなりました。
 年齢的にも、仕事的にも。
 来年もチャレンジできるモチベーションを、まずは復活させないとです。
 



↓↓ブログランキングに参加中! 拍手ともどもポチッとお願いします。
スポンサーサイト



2年ぶりの赤城山ヒルクライム


DSC_0236.jpg

 
9月29日(日)

今年は無事開催された赤城山ヒルクライム。
10日前は雨予報だったり直前に台風18号が発生したりで今年もヒヤヒヤさせられたけど、暑くなく寒くなく風もない絶好のヒルクライム日和でした。

■前日まで

 消費税がらみで仕事が忙しくて練習・調整の時間確保が大変でした。しかも前日に親戚の葬式が入り、丸一日バタバタで準備が終わったのが23時。精神的にも落ち着かなくなり中々寝付けず、結局眠れたのは0時過ぎでした。


■当日スタートまで

 朝3時過ぎに起床。明らかに寝不足で丸一年を棒に振った感が強く、出場しても無駄・・という気持ちで一杯でした。何とか気持ちを取り直し、当初ローラーで身体を目覚めさせるはずだった計画を変更。ウォームアップは最低限にしてスタート直前まで身体を休めるようにしました。

 起床直後の体重は64.2kg、体脂肪率10.1%。糖質制限、揚げ物禁止ダイエットは一応成功か。30年近くの歳月を経てとうとう20歳の体重に戻りましたとさ。

 朝食メニューはピザトースト、甘いデニッシュパン、バナナ1本、コーンスープ。そしてスタート直前に小腹が空いてジェル130kcalを追加。丁度良い感じでした。

 駐車場から会場までの5kmはケイデンス100前後で軽く刺激を入れました。幸い先週までの脚の疲労はすっかり抜けていて変な筋肉痛もなく気持ちよく回せました。頭は寝不足でボーっとしていたけど身体は大丈夫と思えるようになり気持ちが落ち着きました。

 会場に到着し荷物を預けた後、今年飛躍的タイムアップ中の〇口さん(以下ぴーちゃん)と待ち合わせ。色々話したいけど寝不足でテンション上がらず申し訳ないことしました。トイレを済ませた後は合同庁舎内で脚をオイルマッサージしたり、ひと眠り・・はできないまでも目を閉じて身体を休めたりして過ごしました。

 7:00JBCFグループがスタートしたところで待機所に向かい、7:15のスタートまではぴーちゃんと話したりして気持ちを高めました。毎年のことだけどスタート前は緊張して逃げ出したくなります。

■スタート~第1給水所(旧料金所)
 
 ぴーちゃんと一緒に走りました。今年の作戦も自分と同じペースの人を風よけにする「コバンザメ作戦」。もう数年続けているので後ろめたさは全く無くなりました(^^; 腹(腸腰筋)でペダリングしつつ脚は脱力させ温存に努めました。

 出だしから数キロはぴーちゃんの前を走りましたが次第にぴーちゃんが先行する場面が多くなり、旧料金所付近では20mくらい差がつきました。「ぴーちゃん早ぇなぁ」などと思いつつ無理に追うことはせず、自分のペースにあうサメに付くことにしました。ケイデンスは80~100で推移しており寝不足の影響もなく練習の成果が出ていると感じました。

 旧料金所時点で26分前半のタイム(秒は忘れました)。目標の25分から1分以上オーバーしてしまいましたが脚は十分残ってたし、心拍も苦しくない160前半でまずまずの結果でした。

■第1給水所(旧料金所)~第2給水所(姫百合)

 旧料金所を超えると勾配が急になり前を走る人たちのペースがバラバラに。風よけが見つからずペースが定まらない間にぴーちゃんとの差が一気に広がり見えなくなりました。もともとこの区間の前半はぴーちゃんの得意区間だったのでいよいよ本領発揮だな・・と感じました。自分の作戦は引き続き脚を温存させたケイデンス重視の軽いペダリング。勾配の変化でペースが落ちても踏み込むことはせず「スピードは乗せるものではなく自然と乗ってくるもの」と言い聞かせて走りました。

 ほどなくして自分が着いて行けそうな方を見つけました。この方はペダリングがスムーズでペースが一定しており、徐々に周囲よりスピードが乗り始めました。時々後ろを確認していたのでもしかして後ろに着かれて迷惑なのかな・・とも思いましたが、先頭交代の合図が出されるでもなく、何より後ろで走りやすいので、遠慮なくコバンザメしちゃいました。

 姫百合手前の急坂でぴーちゃんを補足。前半と違い肩が揺れて苦しそうでした。スプロケを見ると2枚残してあり重いギアで踏み込んでいるのが見て取れました。「肩が揺れてるよ、まだ2枚あるからギア軽くして回そう」と声をかけると「無理~」との返事。後で聞くと意識が薄れるくらい苦しい状況だったそうです。練習では同じ場所で使い果たした自分がぴーちゃんに着いて行けなかったこともあり、あらためて姫百合手前までにどれだけ残せているかの大切さを感じました。

 姫百合時点のタイムは53分前半(秒は忘れました)。一昨年よりは早いけどここで50分を切れないと75分切りは難しい。息は荒くなってきたし身体も動きにくくなってきたけど、一昨年と違いまだ脚は使い切っていなかったので、諦めないで頑張ろうと思いました。

■第2給水所(姫百合)~ゴール

 姫百合からは出し惜しみ無しが作戦なので腸腰筋と脚の両方を使うようにしました。ここからのつづら折りは緩斜面と急斜面が繰り返されるので、緩斜面で一定のパワーでスピードに乗せ、急斜面に変化しても踏み込むことなく減速が最小になるようにペダリングのリズムに合わせて同じパワーをかけ続けることを心掛けました。

 練習のときはつづら折りの各コーナーが中々やって来ず苦しいのですが、今日は集中しているのか意識が朦朧としはじめているのかわかりませんが、いつの間にかクリアしていることが多かったです。

 可能であればここでもコバンザメ作戦を展開したかったのですが、周囲には脚が終わって苦しそうな人が多く良いサメが居ない状況。36番コーナーあたりで威勢の良いサメが追い抜いてきたので頑張ってみるも2コーナーくらいが限界で着き切れ・・独走が続きました。

 途中、群馬では有名なβエンドルフィンの方を追い抜き気を良くし、さらに暫くすると練習で全く着いて行けなかったCOWの中学生が見えて来たのでこれも行けるかと思いましたがダメでした。やっぱりピンクジャージは化け物です。

 一杯清水の第3給水所でのタイムは1時間9分。あと2キロ程度のはずなので頑張れば75分切りも・・・なんて淡い期待がよぎりましたが、体力的にはかなり苦しい状況で回しても踏んでも練習以上のスピードは出せず残り1キロあたりで75分を過ぎてしまいました。

 ここからはどこまで75分に迫れるかの勝負。が、スパート気味に踏むと左足ふくらはぎが攣り始めました。上死点で踵を下げるようにすると攣りが治まるので、おそらく上死点あたりのペダリングに課題があると思われ。誤魔化しながらそれでも踏み込んでゴールを目指します。最終コーナー手前でママチャリ参加の都丸君に猛烈なスパートで追い抜かれるも、最後の直線で脚を使い果たしたのか急激にスローダウンしたところを抜き返してゴールしました。

 息を整えていると、姫百合以降見えなかったぴーちゃんもゴール。結局1分も差が付かない結果でお互いを称え合いました。ゴール直後に語り合えるのはちょっと新鮮な経験でした。

■今年の練習

 年明けからZWIFTを導入してパワートレーニングを始めたのが一番大きな変化でした。苦しいローラー練が退屈にならなくなりました。人類が発明した新たな中毒性拷問道具といったところでしょうか。練習内容はSSTとイベントライドがメインで、ほぼ週3~4日は乗れたかと。9か月でFTPが30wくらい向上したので確実にレベルアップできていると思いつつ、実走でのタイムはそれほど向上していない。ぴーちゃんの急成長を比べ、残された伸びしろの少なさを痛感します。

 赤城の実走は28回。試しに2月に上ってみたけど、寒いだけで練習にはなりませんでした。1日2回は翌日以降の練習の質が極端に落ちるので止めました。

 また8月終盤あたりからペダリングの改善に取り組みました。ここはまだ伸びしろが残っているはず。

■補給・ドーピング系

 立ち眩みがひとかったので1ヵ月前からグリコ エキストラオキシアップを4錠/日。それなりに改善はあったかな。
 前日からのドーピングは以下のとおり。寝不足でも走り切れたのでこれが決定版かと。
 ・前日
   2RUN × 1袋
   OXY SHOT 10ml
   近所のスポーツ店で売っていた酸素入りの水500ml
 ・当日
   2RUN × 1袋(スタート1時間前)
   SUPER VAAMドリンク ×1缶(スタート1時間前)
   MAG ON(スタート直前、小腹が空いたので130kcal摂取目的)
   VESPA HYPER 9g(旧料金所と姫百合の2回)
    → 味が濃く姫百合摂取時に気道が狭くなるトラブルあり
   OXY SHOT(ボトルの水に15~20ml)

■結果の推移

  何で毎年1分ちょいずつなんだ・・・

  2013年 1時間29分57秒
  2014年 1時間23分50秒(6分7秒)
  2015年 1時間22分25秒(1分25秒)
  2016年 1時間21分17秒(1分8秒)
  2017年 1時間19分37秒(1分40秒)
  2018年 中止
  2019年 1時間16分55秒(2分42秒)

■来年の抱負

 今年も75分は切れなかったものの、いよいよその扉が見えて来たという実感を持つことができました。
 一応自己ベストは更新できたし、まだまだ探せば伸びしろはあると信じて頑張ります。
 



↓↓ブログランキングに参加中! 拍手ともどもポチッとお願いします。

赤城HC中止


1538280646375_201809302040451dd.jpg
9/30 ゴール直後

 
9月30日(日)
 まさかの台風で中止になってしまった赤城山ヒルクライム大会。
 昨年の80分切りを越えるべく例年以上に練習量を増やして挑んでいただけにショックでした。
 昨日14:00頃に中止の発表を知り、その後色々悩んだ末出した答えは「雨だろうが何だろうが明日全力で上る」でした。
 練習負荷も食事も集中力も9月30日に合わせて調整していたので、明日以外の選択肢はありませんでした。
 で、カミさんにゴールで待ってもらい(←感謝)独りHCしてきました。
 
 無駄に長い文章ですが個人の日記ということでお許しを・・

 まず結果はSTRAVA計測で1時間22分28秒。

 練習タイムとしては去年のベストより4分以上、今年のベストより2分ちょい良いけど、去年の本番に比べると3分程遅いタイム。
 天候としては雨にも降られず路面もほぼドライ、風も殆どなく気温も丁度良い感じだったので、やはり前半の集団ドラフティング効果が無かったのが大きかったか。あと、前方にニンジンが居ない独りクライムでは後半苦しいときにもう一つ追い込めなかった・・というのもあったのかもしれません。

 来年の参考になるように今年取り組んだことと来年に向けての課題を纏めておきます。

■今年の練習

昨年はハルヒル、乗鞍、赤城と結構色々目標を作ってしまったので、今年は赤城一本に絞って練習しました。
練習でトライしたこととその結果は以下のとおり。

・週2回赤城に上る
→例年20回くらい上るところ今年は35回上った〇
→1日2回上ってみたが、疲労が残り過ぎて平日練の質が落ちた。△
(根性鍛えるのには良いか・・)

・自分より速い人達がいるチーム練で鍛える
→1回だけCOW群馬の中学生練に参加も完全に置いて行かれる。
 ただ、ものすごく刺激をもらった。〇
→以後は天候とかスケジュールの都合で参加できず×

・平日ローラーでインターバルトレーニングの導入
→週2日は(1分ダッシュ+1分レスト)×10回を実施〇
→週1日はタバタ(20秒ダッシュ+10レスト)×8回を実施〇
→もう少し回数を増やせないとタイムアップは厳しいか△

・パワーブリーズで呼吸筋の強化
→健康診断で去年より肺活量が800CC増えたのはこれのおかげか?〇
→赤城後半で息苦しくなることは無くなった〇

・身体の柔軟性を改善じケイデンスを向上させる
→今日のケイデンスが終始75~85(場所によっては100できた)のはこれの効果か〇

・体重65kg、体脂肪率10%を目指す
→夕飯の米を豆腐&こんにゃくに置き換え、8月から揚げ物一切禁止〇
→今朝の食事前体重65.3kg 体脂肪率10.5%・・まあまあかな△

■今日の走り

・経過タイム
 大鳥居前セブン 7:40
 旧料金所  28:22
 1番コーナー 44:37
 姫百合 56:68
32番コーナー1:06:03
 第3給水所 1:15:13

・序盤は抑えて・・と思って挑んだつもりでしたが大鳥居前セブンで7分40秒は1時間15分を狙える、つまり完全にオーバーペース。慌ててペースダウンするもこの無理は最後まで響いた気がする。

・結果旧料金所ですでに去年よりも3分遅い。そもそもドラフティング作戦が使えないとこれくらいが妥当かもしれないけど、それにしてももう少し脚を残しておきたかった。

・料金所から姫百合までは去年勇気を出して踏んでいったけど、今年の作戦は温存ペースもなるべく負荷を一定に省エネ走法を心がける。ケイデンス80くらいを維持できたので上出来だったかと。

・R1手前あたりで集中力が切れ仕事のことなんかを考えてしまう。 前走者が居ないのでアドレナリン少な目か。

・姫百合56分はかなり落ち込む。足が攣らないのが救いだけどそれも温存作戦の成果か追い込みが足りないのか・・わからん。

・姫百合以降もケイデンス重視で廻すも徐々に乳酸がたまり動きにくくなる。脚攣りが怖いので踏み込むことはせずギアを軽くして乳酸抜きを心がける。

・湿度が高いせいかボトルの水は半分以上残る。2回分くらい残してあとは捨てる。

・一杯清水を越えたあたりで下山してきた同類さんから檄をもらい、少しだけやってやるぞという気になる。

・去年はここでもうヤダ気分になるけど今年は割と普通。追い込めない自分。

・ゴール地点でカミさんが動画撮ってるのが見える。ミーハーにも下ハンでスパートをかける

・ゴール後本番でやると係員に注意される倒れ込み。5分もしないうちに呼吸が戻るのは練習の成果か追い込み不足か・・。

・・とつらつら書いていて思うのは、やはり大勢いないとアドレナリンは出ないよなってことかな。

■使ったサプリ

割と良い感じだったので来年の参考に・・と思ったけど金かけ過ぎだな。

・前日
 SPORTS OXYSHOT 10mlくらい
 2RUN 1袋(2錠)

・当日(スタート1時間から15分前)
 2RUN 1袋(2錠)
 SPORTS OXYSHOT 10mlくらい
 スーパーヴァーム 半分(100ml)くらい
 参加賞のマルトデキストリン 200kcal

・からっ風街道交差点
 SPORTS OXYSHOT 5ml

・旧料金所
 TOP SPEED 1袋
 スーパーヴァーム 半分(100ml)くらい
・1番コーナー
 SPORTS OXYSHOT 5ml
・姫百合手前
 VESPA HYPER 1袋(口が渇くので水1~2口必要)
・32番コーナー
 SPORTS OXYSHOT 5ml

■来年に向けて

やはり1時間15分という目標は持ち続けたいので、来年はこんな練習をしようかと・・・現時点では考えてます。

・250wで1時間走れるような練習をする。
→あるサイトで試算した自分の身長体重で赤城1時間15分切りに必要なパワーが250wだった

・チーム練参加
→辛いけど刺激をもらった方が成長できる気がする

・朝ローラーを習慣づける
→今年試したが1週間で疲労が抜けなくなった・・





↓↓ブログランキングに参加中! 拍手ともどもポチッとお願いします。

アンダー80分


IMG_7504_3.jpg
2017/9/24 汗だけじゃ証明しきれない話もある

 
9月24日(日)

ちょっと嬉しいタイムだったのでブログアップします。
完全な自己満ですがお許しを・・・。

4年間目指し続けるも全然越えられない1時間20分の壁をとうとう越えることが出来ました!!!!!!

というのも2013年からこの大会に参加していて、タイムは
  2013年 1時間29分57秒
  2014年 1時間23分50秒
  2015年 1時間22分25秒
  2016年 1時間21分17秒
と毎年自己ベストは更新するもその幅は徐々に狭まってまして、特に昨年はホイールの軽量化を行ったにもかかわらず、タイムの
伸びは1分そこそこ。体力的にはむしろ後退しているのでは・・と不安に思ったりもしてました。

今年の練習でも去年以上の練習タイムを出すことはできず、夏に軽量フレームへ交換してもタイムがさっぱり伸びてこない
という不思議な事態にもなってました。

とうとう今年が年齢的な折り返し地点、とか去年のタイム更新できないだろう・・スタート前はそんな気持ちを打ち消すので精一杯でした。

気持ちポジティブにする意味もあり、今年は昨年の反省をもとに作戦を考えて挑みました。

・最初の1kmは軽めに入る
  →スタート直後は興奮状態なのでセーブするべし(とネット記事にあった)
・自分よりゼッケン番号が若い人(←自己申告タイム順なのでつまり自分より 速い人)を風よけにする。
  →去年、自分より遅い人の後ろに付いてペースが安定せず失敗した。
・旧料金所まではケイデンス重視で足を残す
  →去年は序盤から飛ばし過ぎ、料金所を超えたあたりで足が終わった。
・旧料金所~姫百合までは勇気を持ってハイペースにする。
  →最後の練習で、ここで使い切ってもその後5キロはなんとかなったので。
・1時間20分を前提に各区間タイム26分30秒を目標にする。
  →上とも被るが、去年は75分目標に飛ばし序盤で撃沈した

結果、各区間でのタイムは
 ~旧料金所 25分30秒(去年 26分くらい)
 ~姫百合  28分05秒(去年 29分くらい)
 ~ゴール  25分05秒(去年 26分くらい)
でした。

走り方を変えたつもりですが、こう見るとタイムの配分は去年とそんなに変わらないですね・・。

旧料金所までは去年より落としたつもりが、タイムだと速くなってました。
無駄な加速を控えた、フレームが軽い分速かった、フレームの剛性が上がりケイデンス維持が楽だった、天候に恵まれた・・・等で速くなったのでしょうか。
目標タイムより1分近く早かったので気持ちに余裕ができました。

旧料金所からは作戦どおり勇気を持って加速。去年はここでバンバン抜かれましたが、今年はなんとか流れに着いていけました。
・・・が姫百合手前でトラブル発生、左足が攣りました。
ちょっと早すぎだろうと混乱しましたが、足ではなく腹を使うペダリングに切り替え、水分とMeitanを補給して攣りを抑えました。

足攣りの混乱もあって、姫百合のタイムを見たときは諦めかけました。
旧料金所の貯金を使い果たし、さらに30秒の借金、攣り予防で思うように踏み込めない・・・。
でもすぐに思い直し、まだ25分以上時間は残っているし練習では25分くらいで走れたのだから上手くやればまだ行ける・・と気持ちを切り替えられたのはラッキーでした。
実際、フレームを変えてからの練習で終盤はタイムアップしてましたので。

姫百合以降、ダンシングや踏み込んだペダリングをすると両足とも攣るようになったので、とにかく負荷を一定に丁寧なペダリングを心掛けました。
先月の乗鞍で買ったパワーブリーズで一か月間呼吸の練習をしたのも良かったかもしれません。ここに来ても呼吸は足ほどは苦しくなく、それを好材料に気持ちを奮い立たせることが出来ました。

残り2キロで10分弱の残りタイム、残り1キロで4分半くらい、残り500mで2分くらい、このあたりが一番キツかったです。
身体的にはもう限界、でもペース緩めたら確実にオーバーするし、ペース維持できれば間に合う。
そんな気の抜けないギリギリの状況でした。
もう回したくないけどオーバーするのはもっと嫌だろう?と言い聞かせ必死に回しました。
汗だか鼻水だったかそれともよだれか・・とにかく色んな液体が顔から流れ落ちました。

最後の直線でスパート!。
といっても20km/時にもならずですが、それでも最後の木を過ぎたところで1分くらい残ったのでここで1時間20分切りを確信しました。

そしてゴール!!。
イメージトレーニングだとこの後目が真っ暗になって自転車ごと倒れこむ・・・くらい追い込むのですが、実際は息は荒いけど割と普通に停車、至って普通にバイクラックに立てかけて、普通に縁石に座り込む・・・まだまだ追い込みが足りないのかもしれません。

とにもかくにも、去年の悔しさを晴らせた実りある大会でした。
来年は・・またハードルが高くなってしまった・・orz

そして・・・
DSC_0986_2.jpg
こんな旦那の趣味と散財に付き合ってくれるカミさん、本当にありがとう。



↓↓ブログランキングに参加中! 拍手ともどもポチッとお願いします。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 写真

桜×自転車


IMG_6846 (1024x683)

IMG_6872 (1024x683)
2017/4/7 【上段】太田市 八瀬川 【下段】熊谷桜堤 EOS 7D

 
4月7日(金)

 今日は日曜出勤の振替で休みでした。桜も丁度見頃となったので例年どおり桜ライド・・と思ったのですが、朝起きてみたら小雨。思わず二度寝してしまい昼近くになったら晴れていたので慌てて出発しました。

 遠出できる時間じゃないので、とりあえず熊谷あたりを目指し、まずは太田市の菅塩沼へ。
 うす曇りでしたが青空バックに見頃の桜を撮ることができました。
IMG_6814 (1024x683)

 雲の切れ間から日が差した瞬間に撮ります。平日だと人も少ないのでゆっくり待てます。
IMG_6816 (1024x683)

 強戸の桜並木はほぼ満開でした。明日明後日は混みそうですね。
IMG_6825 (1024x683)

IMG_6833 (1024x683)

 続いて太田市街に出て八瀬川の桜を撮ります。住宅街の中なので散歩している人が結構いました。贅沢だな・・。
IMG_6842 (1024x683)

 R407を南下して利根川(刀水橋)へ。
IMG_6847 (1024x683)

 土手の内側は一面菜の花でした。
IMG_6851 - コピー (1024x683)

 橋を渡りながら下を眺めると、菜の花畑の上を飛んでいるようでした。
IMG_6853 (1024x683)

 そして、菜の花の中の道を散歩する母娘(←勝手に断定)。暫く眺め、感傷的な気分に浸ってみたり。
IMG_6861 (1024x683)

 橋を渡って埼玉県妻沼市に入ると雲がなくなり、ほぼ快晴になりました。
 そしてここにも桜並木。
IMG_6865 (1024x683)

 洪水対策用の調整池の土手にも桜。適度な疲労感と静かでのどかな春の景色の相乗効果なのでしょう。昨日まで結構たまっていた仕事ストレスが一気に吹き飛んだ感じがします。
IMG_6868 (1024x683)

 15時過ぎに熊谷桜堤に到着。
IMG_6869 (1024x683)

 逸る気持ちを抑えつつ、まずは土手の下から・・。
IMG_6873 (1024x683)
 
 で、土手の上。桜は八分咲きくらいでしたが、青空と菜の花のおかげもあって爽快感ハンパなし!。
IMG_6874 (1024x683)

 ここは平日にもかかわらず結構な賑わいでした。ま、明日はもっと凄いことになるんでしょうけど。

 一応、桜堤の最下流まで行き・・・
IMG_6881 (1024x683)

 ・・そして最上流まで走ってみました。
IMG_6893 (1024x683)

 結構良い時間になってしまったので、このあとはひたすらR17を北上して帰宅しました。

 予報だと今日は一日曇りだったのですが、特に埼玉県に入ってからは快晴の気持ちよい桜を見ることができました。
 ちなみに自転車と写真の時間配分が6:4くらい。食事休憩はなんとゼロ。気ままな旅でした(^^;



↓↓ブログランキングに参加中! 拍手ともどもポチッとお願いします。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 写真

最新記事
最新トラックバック
プロフィール

Takaまる

Author:Takaまる
バリバリの団塊ジュニアです。
念願のデジイチを手に入れ、
あと必要なのはセンスだけ。
カミさんを納得させる写真
を目指し、愛機LUMIX FZ18
とEOS 7Dで奮闘中!!
「ひらりん気まま日記」の
写真二番弟子

月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
いっちょ前に・・・
FC2ブログランキング参加中。 気が向いたら、ポチッとお願いします。 (ブログランキングページに飛びます)↓↓↓

FC2Blog Ranking

リンク